SEO2016年6月22日

SEO対策をほどこして、検索エンジンに評価される記事を執筆しましょう

94290724.jpg

SEOは正式名称をSearchEngineOrganizationといい、検索エンジン最適化を意味します。SEO対策とは、自社のwebサイトが検索エンジンに適切に評価され、キーワード検索の表示結果において上位にくるように行う対策です。
Googleに評価されやすいコンテンツとはどのようなものでしょうか。なぜ必要なのか見ていきましょう。

SEO対策が必要な理由

検索エンジンでの検索はキーワードを使って行われます。適切なキーワードを設定できていれば検索結果で上位に表示される確率が高くなります。表示率が高くなればクリックされる率も高まりますので、できるだけSEO対策は適切に施したほうがよいといえます。
検索エンジンは、ロボットを巡回させ、全ホームページを調べています。
そこで、どのようなキーワードがサイト内に使われているか、また、コンテンツの内容は良質かどうかをしっかりと判定しています。
検索エンジンが良質だと判断する基準は、読者の役に立つ内容かどうかです。
検索エンジンは、特にGoogleの場合コンテンツの中身まで精査しています。内容を充実させることはもちろん、webサイト全体の雰囲気作りや構成なども大切になります。Googleの評価を高めるために、コンテンツの作りこみは大切な要素です。

キーワードの決め方とアクセス数の調べ方

まずは検索エンジンからアクセスされやすいキーワードを、Googleキーワードプランナーにて調べましょう。
自分がターゲットとしたい検索キーワードをピックアップし、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べます。検索のボリュームとしては、1000~10000程度が一般的でしょう。1000以下だとマイナーすぎてそもそも検索されること自体が少なくなります。しかし、マイナーなキーワードを上手に使うことができれば、目的がかなり絞られクリック率に直結する可能性は高くなります。
検索ボリューム10000以上はビッグワード過ぎて検索結果が膨大になってしまうので運用としては現実的ではありません。キーワードプランナーから1000~10000ぐらいの検索キーワードを探して、ターゲットキーワードとして設定しましょう。

記事タイトルの付け方

タイトルは重要です。32文字以内で、出来る限りキーワードがタイトルの左側にくるようにします。複合キーワードの場合は、重要なキーワードをより左に、キーワード同士をできるだけくっつけます。
タイトルは長すぎず、短すぎず、適切な長さにしましょう。検索結果に表示される部分でもあるので、それを見て、ユーザーはクリックすべきか判断します。ですので、タイトルは非常に重要です。読みたくなるような、クリックしたくなるようなキーワードを設定した適切なタイトルをつけましょう。
タイトルはできるだけ、コンテンツの最後につけたほうがいいです。内容が出来上がってから、適切なタイトルを設定しましょう。タイトル次第で、CTR(クリック率)も大きく変動します。検索結果に表示されやすくなるように、キーワードを散りばめた適切なタイトルをつけましょう。

まとめ

SEO対策は非常に重要です。SEOの世界は奥深く、ここで紹介したSEO対策はほんの触りです。できるだけ適切なSEO対策を施して、検索エンジンに好評価され、上位表示されるように努力を重ねましょう。そうすれば、読みやすいタイトルでユーザーがクリックしてくれますので、検索結果だけでなくクリック率も上がります。読んでもらえるコンテンツができたら、タイトルを考えましょう。
適切なSEO対策をほどこすことで、検索エンジンに好かれ、ユーザーに読んでもらえるサイトに仕上がります。コンテンツの中身だけでは足りず、出来る限り、読んでもらいやすいための仕組みが必要なのです。

関連記事

中小企業がアフィリエイトで成功するコツ... アフィリエイトは初期投資がほとんどかからず、リスクもほとんどないことから、中小企業のなかには事業の一環としてアフィリエイトを行う企業があります。 日本経済の状態が思わしくないなか、アフィリエイトの収...
ホームページの運用管理を自分で行いませんか?... 難しそうに思えるホームページの運用管理ですが、実はそれほど難しくありません。やり方しだいでは簡単に運用管理ができるので、ぜひ自分で行ってみましょう。 ホームページの運用管理を自分で行うコツとそのやり...
ホームページ運用の年間費用はいくらぐらいでしょうか?... ホームページの運用管理費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?大まかな年間予算を見ていきましょう。 ホームページの運用で気になるのは費用ですよね。業者に依頼した場合と自分で行った場合でどれくらい費用が...
フェイスブックを活用して窓口を広げ顧客を増やす方法... フェイスブックはマーケティングツールとして広く使用されています。フェイスブックを活用することでB to Cの双方向のコミュニケーションが可能となり、窓口として大きな役目を果たします。フェイスブ...