ビジネス2016年6月23日

会社における代表的な組織構造について

16023316.jpg

会社の規模や事業内容によって様々な組織形態があります。しかし、その組織構造は区切り方から、「職能型組織」「事業制組織」「マトリックス組織」の3つに分類することができます。それぞれ組織構造の特徴や長所、短所をご紹介します。

職能ごとに部門が分けられた職能型組織

職能型組織は、人事、経理、営業、製造、開発といった職能毎に区切られた組織です。組織間の役割が明確に定義され、部門間での機能の重複はありません。
機能の重複が無い職能型組織では、営業なら営業といった職能ごとに規模の経済性が発揮され、専門性を深められるというメリットがあります。
一方では、意思決定や他部門との調整に必要な権限や情報が各部門のトップに集中してしまい、部門横断的な連携が取りにくい縦割り組織になりやすいデメリットがあります。また、専門性を深められる反面、多様な視点を持つゼネラリストの育成には向きません。
そのため、部門横断的な連携があまり求められない規模の小さい会社や、製品やサービスの幅が少ない会社、市場の変化が少なく安定した会社に適した組織構造です。

個々の事業ごとに部門が作られた事業制組織

事業制組織は、事業毎に開発製造販売といった一連の業務プロセスを完結できる、一つ一つが独立した小さな会社のような組織構造です。事業の切り分け方は業種や会社によって様々ですが、3つのパターンに集約されます。住宅販売事業やリフォーム事業といった製品サービス単位の事業部、東京支店や大阪支店といった地域単位の事業部、公共事業部や通信事業部といった顧客単位の事業部の3パターンです。
事業制組織では、各事業部が事業の推進に関する権限を持ち、本社機能は事業部にとらわれない全社戦略を推進します。事業制組織の権限移譲をさらに進めると、カンパニー制組織や分社という形になります。
事業単位での責任が明確なため、迅速な意思決定ができ環境の変化に適応しやすく、次世代の経営者を育てやすい組織構造です。また、事業部毎に競争が促されることで企業全体の成長が促されやすいというメリットもあります。
一方、事業部間での競争が促されるあまり事業部単位での縦割り組織となり、人材や資金といった経営資源の取り合いが発生したり、事業部横断的な製品の統合や標準化が難しくなったりし、全社最適よりも事業部単位での部分最適に走りやすい傾向があります。また、組織構造上、事業部間での業務の重複による二重三重の投資が発生してしまいます。
中規模以上の規模を持ち、多角化、多地域化した会社に適した組織構造です。

職能別と事業制を組み合わせたマトリックス組織

マトリックス組織は職能別組織と事業制組織を融合した組織構造です。一人の社員が職能別のグループと事業部の両方に所属します。例えばある営業マンは営業部と住宅販売部の二部署に所属し、別の営業マンは営業部とリフォーム事業部の二部署に所属するような組織です。
マトリックス組織は機能別組織の特徴である専門性を維持しながら、事業制組織の特徴である部門横断的な連携を可能にする両者の長所を併せ持つ組織構造です。
しかし、一人のスタッフに対して職能別の指揮系統と事業部からの指揮系統という複数の指揮系統が存在するため、指揮系統間でのコンフリクトが発生しやすく、管理者にはコンフリクト解消のための内部調整を行うためのマネジメントスキルが求められるうえ、社内調整に工数が割かれるというデメリットがあります。

まとめ

このように、職能別組織、事業部制組織、マトリックス組織のいずれの組織構造にも一長一短があります。そのため、一定の組織構造に固執するのではなく、社内外の事業環境に応じて、常に適した形態を模索し、変化し続けることが求められます。

関連記事

キャンペーンを効果的に行い成功に導く戦略的な実践方法... 多くの企業から売上げや集客を伸ばすためにキャンペーンを行ったが経費倒れに終わった、あるいは、ある程度の効果は得られたが一過性で継続しなかったという声が良く聞かれます。そこで、キャンペーンの効果を高め、...
残業を減らす方法と必要な心構えの重要性... 無駄な残業が経営を圧迫することは明らかです。一方、必要な仕事量に対して社員が不足して残業時間が多いのは、短期的には経営にマイナスではありません。 しかし、長期的には社員にとって過重労働なので、経営に...
商品PRの為のPOP作り!POPがお客様に与える心理効果とは?... 今や、百貨店からディスカウントストア、書店、飲食店など業種・形態問わず様々な店舗で存在し商品PRのための「POP」。そのPOPの種類も、商品自体を紹介し値札としての役割も持つ「商品用POP」、売り場全...
顧客に思わず買いたくさせる商品の演出方法... どんなに商品に魅力があっても、その魅力をうまく演出してアピールできなければ、お客様に気づいてもらえません。そして、気づいてもらえなければ購入に結び付きません。お客様に気づきを与え、購買意欲を高められる...