ビジネス2016年6月23日

中小企業の経理におすすめ、クラウド会計アプリ

391245262.jpg

企業には会計の業務が必須ですが、会計には専門的な知識が必要で、特に月末月初は工数がかかります。それを助けるために、各社から様々な会計アプリが提供されています。又、最近は、クラウド版の会計アプリが多数、提供されています。初期費用が安く、導入も可能なのですが、自社に導入する前には、どの様な特徴があるのか、メリット・デメリットは何か、を理解しておく必要があります。今回は、主に中小企業向けに提供されているクラウド会計アプリの概要についてご説明していきたいと思います。

従来の会計アプリとクラウド会計アプリと違い

そもそも、従来の会計アプリとクラウド会計アプリは何が異なるのでしょうか?
従来の会計アプリは、社内にアプリをインストールしたサーバーがあり、各ユーザーは社内LANからそのサーバーにアクセスして、仕訳を入力したり、レポートを出したりしています。
そのため、企業はサーバーやアプリのライセンスを購入し、社内に環境を構築し、定期的にメンテナンスをする必要があります。
それに対し、クラウド会計アプリはベンダーの環境にアプリが存在し、ユーザーはインターネットを通してその環境にアクセスし、仕訳入力やレポート出力を行います。通常、クラウド会計アプリは初期費用が安く、月額料金で使用料を支払います。パッチを当てる等の定期メンテナンスの作業は、ベンダーによって行われます。

クラウドの会計アプリのメリットとデメリット

クラウド会計アプリを導入する事を決める場合ですが、そのメリットとデメリットを事前に理解しておく必要があります。
まずメリットとしては、初期費用が安く、短期間に手軽に導入ができる事があります。消費税率の変更等の法改正があった場合、従来のアプリは、自社で改修を行う必要がありますが、クラウド会計アプリの場合は、新機能がベンダーから提供されます。又、サーバーの管理やソフトウェアのパッチ適用の作業を、ユーザー企業側が行う必要がありません。更に、よく使われる仕訳パターン等を登録する事により、会計知識があまりないユーザーでも使いこなせる場合があります。
一方、デメリットとしては、有償機能を使用して、長期間使う場合は、従来のソフトよりもトータルのコストが高くなる場合があります。又、インターネットを経由してベンダーの環境にアクセスするため、セキュリティーのリスクが発生する場合があります。さらに、クラウド会計ソフトは、一般的な機能はそろっているのですが、企業固有のビジネスプロセスをカバーできない事が多いため、その部分が手作業になり、工数がかかる可能性があります。

メジャーなクラウド会計アプリの紹介

(Free)

仕訳を入力し、財務諸表を出す基本的な機能は無償で提供されています。勘定科目をプルダウンから選択して仕訳を入力する方式で、比較的経理初心者でも利用が可能です。インストール不要でブラウザからの利用が可能です。チャットやメールのベンダーからのサポートもあります。

(MFクラウド)

登録した仕訳のルールをソフトが学習してくれる機能があるので、使えば使うほど使い勝手が上がるアプリです。法改正に対する機能追加や便利機能の追加等のアップデートも無料で提供されます。インポート機能が備わっているので、データ移行も比較的楽です。又、アプリの制作に会計士や税理士の方が関わっているので、帳簿を会計士や税理士に見てもらう際に、便利な仕様となっています。

(やよいの青色申告オンライン)

このアプリは無償でなく、年間使用料が発生します。しかし、その分、機能が充実しており、仕訳を入力するだけで帳簿ができ、ボタン1つで青色申告の書類作成ができる機能もあります。シンプルなUIで初心者でも使う事が出来、又、スマートフォンからの入力にも対応しています。

まとめ

以上、クラウド会計アプリについて説明してきました。初期費用が安く、導入が容易なクラウド会計アプリは中小企業にはおすすめです。パソコンのスキルが無く、導入に二の足を踏んでいる企業も多いと思いますが、最近のクラウド会計アプリは、非常に使い勝手がよくなっており、導入も簡単ですので、是非、検討してして頂きたいと思います。