ビジネス2016年6月23日

ハードルの低い資金調達?「日本政策金融公庫」とは

424697266.jpg

「日本公金/こっきん」こと「日本政策金融公庫」とは、銀行などの一般民間金融機関を補完し国民生活の向上を目的とした政府融資100%の政策金融機関です。
様々な用途で、事業実績が無くても無担保・無保証で融資を受けられる可能性があります。
事業を始めたい方は覚えておいて損は無い資金調達方法の一つでしょう。

融資を受け易い条件とは?

政府系金融機関の中でも比較的借りやすいという評価がある日本政策金融公庫。
日本政策金融公庫の前身は「国民生活金融公庫」「農林漁業金融公庫」「中小企業金融公庫」の3つ公庫であり、現在も小規模事業者や創業企業、子供のいる一般家庭のための「国民生活事業」、農林水産業者のための「農林水産事業」、中小企業のための「中小企業事業」が3本の柱です。
また、国の政策方針から大きな影響を受けているため、「女性の活躍」や「ソーシャルビジネス」など国が発展させたいと思う事業へ特化した融資プランも多数存在します。
民間の銀行など金融機関では一般的に、事業の実績をチェックし経営を判断した上で融資を決定しますが、創業したばかりの企業やこれから創業予定の企業は事業の実績が無いため、融資を受け難くなってしまいます。
日本政策金融公庫では、短期的な収益にこだわらず国家の経済発展に繋がる「地域活性化」や「雇用の確保」などが目的となっており、事業実績が一切無い創業予定の企業でも融資を検討してくれるのです。
借りやすいといっても、金融機関なので返ってこない融資を通すわけにも行かないので、当然審査が通らないケースも存在します。
実績無く最初から「1500万円貸して!」といった大金を融資されることはまずありません。まずは100万円や300万円といった小口の融資で借り入れ実績を作りましょう。
「すぐにお金が手元に欲しい!」という状況もあるかも知れませんが、初回申し込み時には審査に時間が掛かってしまう傾向にあります。申し込みから審査可決、資金調達まで一ヶ月程度掛かることもあるので、余裕を持って申し込みましょう。
審査は機械ではなく人間が行います。「信用できる人かどうか、この人にお金を貸しても返ってくるかどうか」、というのは官民問わず融資の審査を通すのに重要なポイントです。融資担当の方へ良い印象を持ってもらえるように心がけましょう。国の機関なのだからお金を出して当たり前、という態度では融資を受ける事は難しくなります。

日本政策金融公庫で融資を受けるメリット

低金利で融資を受けられるのも日本政策金融公庫のメリットです。
100万円の融資を金融機関から受ける場合、消費者金融では約18%、低金利をウリにしている銀行でも10%程度の金利が掛かりますが、日本政策金融公庫では事業者によって変動するものの約2%の圧倒的な低金利で融資を受けられます。
また、日本政策金融公庫では返済が困難になった際には「減額申請」が認められています。
親身になったコンサルティングや対応を経営方針としており、一般的な民間金融機関では厳格になりがちな返済も、返済期間を延ばすことで返済金額を減額するといった柔軟な対応を行ってくれます。
一時的に減額申請を行い、経営が順調になったら元の計画へ戻す、といった返済計画を立てることも可能です。
日本政策金融公庫での融資が可決されると、融資実績が残り、この後に銀行など民間金融機関から融資を受けやすくなります。
事業を始める際は、まず日本政策金融公庫に融資の検討をしてみてはいかがでしょうか。

日本政策金融公庫では、細かな融資制度が存在します。

多くの人が利用するスタンダードな「普通貸付」のほかに、新規事業を立ち上げる際や事業立ち上げから7年以内の事業主が受けられる「新規開業資金」、廃業後にもう一度事業を立ち上げた際に受けられる「再チャレンジ支援資金」などがあります。女性や30歳以下の若者、55歳以上のシニア世代の起業家が受けられる「女性、若者、シニア企業家支援金」や海外進出など日本国外で事業展開を行う事業主への「海外展開・事業再編資金」なども活用が可能です。
取引金融機関の破綻などで資金繰りが困難な事業主への「金融環境変化対応資金」、経営が悪化してしまった事業主への「経営環境変化対応資金」など、一時的に困難な状況にあるものの長期的には回復が見込める企業へのセーフティネット貸付も行われています。
ほかにも、小売業・サービス業・卸業・美容業・クリーニング業・飲食業など特定の業種ならば融資を受けやすい様々なプランが用意されています。

まとめ

日本政策金融公庫は北は北海道から南は九州まで様々な所に店舗が存在する身近な存在です。
バンコクと上海にも駐在員事務所が完備。
店舗の詳細や相談窓口などは公式サイト(https://www.jfc.go.jp/)からチェックしましょう。