採用・求人2016年3月3日

ネットショップ運営の人材求人方法

101909887.jpg

ネットショップの運営に必要な人材を募集したいと考えた時、どのような求人サイトに求人情報を掲載するのが効果的かご存知でしょうか?
ITやWebサイトの求人は専門職になるため、幅広い職種を求人するサイト、特に大手の求人サイトでの掲載が一番の近道ですが、大手サイトの求人掲載費用は高額なため費用対効果が非常に悪く掲載できない企業も少なくありません。

そこで、あまり費用を掛けたくない経営者の為に、専門職の求人がしやすく比較的料金の安い、ITやWeb関連の会社を中心に求人しているサイトで、おすすめできる3つのIT、Web関連専門求人サイトをメリット及び費用とともに紹介いたします。

■「Find Job !」のメリットと費用紹介

「Find Job !」のメリットは「成功報酬なし」「何人採用しても広告掲載料のみ」のため、応募者1名あたりにかかるコストを大幅に低くできることです。同社によると、1名の応募者に対する求人コストは通常約4万円ほどかかるのに対し、「Find Job !」は5千円から9千円で済むと公表しています。また求人広告掲載後、同じ企業からの求人リピート率が約70%にも上り、求人の費用対効果が高いことが分かります。1997年からサービスを開始し、17年間の運営で26万社をこえる企業に利用されています。

掲載にはプランが3つあり、費用は掲載期間が2週間でベーシックプランが5万円、プレミアムプランが7万円、Sプレミアムプランが10万円となっています。検索結果で上位に表示されるか、下位になるかでプランに価格差がついています。

■「ECのシゴト」のメリットと費用紹介>

「ECのシゴト」のメリットは、求人に成功しなければ費用がかからない成功報酬型であるという点です。過去に良い人材が採れなかった、あるいは良い人材を時間をかけて募集したいときに費用対効果の高い募集が可能なのです。一般的な求人広告は低コストですが、人材を採用できなければ募集を繰り返し行わなければなりません。成功報酬型の場合は納得のいくまで募集をし、採用できなくても費用が無駄になりません。人材紹介系の求人の場合は同じように成功報酬型の募集ができますが、コストは一般的に採用した人の年収の30%となってしまうため高額です。

「ECのシゴト」であれば、アルバイト・パートが1名3万円、正社員・契約社員が1名33万円ですみます。良い人材を選びたいけど時間をかけられない場合は、オプション料金を払うことでトップページの特集スペースに求人企業として掲載できます。

■「Green」のメリットと費用紹介

「Green」も成果報酬型のため、求人費用を無駄にすることなく募集できます。「Green」のメリットは成果報酬型に加え、採用した人材が30日以内に退職すれば費用の50%が返金されることです。また、「Green」に登録されている人材のデータベースから採用したいと思う人材を検索し、担当者からアプローチをすることができます。スカウト機能に加え、反応の高い簡易アプローチ機能が複数用意されているのも大きなメリットです。採用実績企業のうち9割がIT/Web業界の企業で、エンジニア、デザイナー、ディレクターなどIT/web業界の経験者を採用できています。
費用は年収に関わらず30万円から90万円です。費用は地域別に異なり、東京90万円、大阪70万円というように決められています。

ネットショップ運営を成功させるには、幅広い知識、柔軟な思考、前向きな行動力などいい人材を確保することが重要です。
いい人材を募集するには、成功報酬型やコストの安い掲載料のサイトでじっくり探し、いい人材を見つけたらすぐに確保することが何よりも重要です。
大手求人サイトでは、費用が高くて難しい選択も、ここで紹介した求人サイトではなるべく低コストで可能です。人材探しの一つの方法として検討してみてはいかがでしょうか?