アルバイト2016年6月29日

経営者が知っておきたいアルバイトとパートの違い

HG084.jpg

求人広告で見かける「パート」と「アルバイト」。どう違うか疑問に感じたことはありませんか? 
実は厳密な違いはありません。どちらも正社員に比べて短時間の労働者という意味です。ただし雇用契約の時に、従業員の働く意識を明確にする上で意義があります。漠然と感じているパートとアルバイトの違いについて、経営者が知っておきたいことを整理します。従業員に質問されたときには、答えられるようにしておくことをおすすめします。

アルバイトとパートはともに短時間労働者

会社の雇用形態は、いくつかに分類されます。代表的なものは、正社員、契約社員です。そして、アルバイト、パートがあります。
実は名称は異なっても、すべて同じ労働者です。ただし、正社員は無期雇用(正規雇用)ですが、契約社員、アルバイト、パートは有期雇用(非正規雇用)という違いがあります。
特別なことがなければ、会社は正社員を解雇できません。期間の定めがない無期契約だからです。一方、契約社員には3年といった契約期間があります。
正社員には、長期的に安定した仕事ができるメリットがあり、契約社員は契約期間が終了すれば職場を探さなければなりません。ただし、契約社員は仕事の自由度が高く、専門性やスキルが高ければ高い給料をもらうことができます。
アルバイト、パートも契約社員と同様に、契約期間が定められています。正社員以外で、決められた労働時間より短い時間で働く労働者です。それではアルバイトとパートの違いは?というと、厳密な違いはありません。しかし、働く意識の上で違いがあると考えられます。

アルバイトは本業がある人の臨時労働

アルバイトの語源は、ドイツ語の「Arbeit」で「労働」という意味です。明治時代に学生たちの仲間内で使われていた言葉が、誤用されて現在に至った経緯があります。本来の意味は、副業だったともいわれます。学業を本業とするならば、片手間に家庭教師で稼ぐなどの労働です。
つまり、臨時労働であり、学生など本業がある人の雇用形態です。

芸人をめざしてバイトする、役者をめざしてバイトする、ミュージシャンをめざしてバイトするという人たちは、正しい使い方をしているのかもしれません。本業は芸人、役者、ミュージシャンであって、その片手間に夢を叶えるまでの期限付きで、生活費を稼ぐために仕事をしている考え方です。
したがって、片手間に期限付きで働いている本業のあるアルバイトに、正社員と同じような責任を任せるのは間違っているかもしれません。
ただし現在では、本業を持たないフリーターもいます。

パートはフルタイムに対する短時間労働

パートは英語の「Part-time job」に由来していて、正社員の労働時間よりも短時間で働く社員をいいます。法律では「1週間の所定労働時間が通常の労働者の時間に比べて短い労働者」のことですが、実はこの定義にはアルバイトも契約社員も含まれてしまいます。
そこで、フルタイムで働く正社員に対して、パートタイムの「社員」と考えられます。要するに、パートは、本来であれば正社員と同じ責任と権限が与えられるべきではないでしょうか。
パートというと、どうしても主婦や女性のイメージがありますが、実際にはパートの男性も存在します。子育てと仕事を両立させたい、趣味と仕事を両立させたい、しかし仕事はしっかりやりたいというワークスタイルがパートかもしれません。そう述べると「アルバイトはいい加減なのか?」という指摘がありそうですが、責任を持って仕事に取り組んでいるアルバイトもいます。

まとめ

大手企業で副業を認めたり、育児のための時短勤務が制度化されたり、働き方が多様化しています。明確な区分がなくなりつつあります。
本業があって臨時で雇うアルバイトに対して、正社員より短時間で雇う社員としてパートが位置付けられます。学業なり夢なり、アルバイトは本業を大切にすべきかもしれません。仕事をしながら、そんな話をするとよいでしょう。

関連記事

ネットショップ運営の人材求人方法 ネットショップの運営に必要な人材を募集したいと考えた時、どのような求人サイトに求人情報を掲載するのが効果的かご存知でしょうか?ITやWebサイトの求人は専門職になるため、幅広い職種を求人するサイト、特...
アルバイトに対する所得税の正しい税務手続きの方法... アルバイトを雇用したとき、アルバイトに支払う給与から所得税を源泉徴収する手続きを正しく行っていますか? アルバイトを雇用している企業のなかには、短期間だから、あるいは長期間であっても少額だからなどの理...
フリーターを雇用する際の注意点を知っておこう!... 一定の休日・勤務時間の定めがある正社員とは違い、休日や勤務時間がバラバラなフリーターはそれぞれに対応が異なってきます。 フリーターにはどんな点に気を付けなければならないのでしょうか?職種や地...
求人がない現状から見えるこれからの中高年労働市場... 有効求人倍率や失業率は大きく改善しているものの、日本の中高年労働者に対する雇用は、依然として厳しい環境にあるといえるでしょう。 「職が必要」と考えているものの、中高年労働者側も雇用側も二の足を踏んで...